レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いとは?

レーザー脱毛

現在、医療クリニックや脱毛サロンで行われる主なムダ毛の脱毛法は、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛です。それぞれの美容脱毛機関のウェブサイトなどを見てみると、施術にかかる費用が脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛の方が安いことに気づくはずです。

ではレーザー脱毛とフラッシュ脱毛には、どのような違いがあるのでしょうか?
単刀直入に言えばレーザー脱毛の方は永久脱毛が可能なのに対し、フラッシュ脱毛は一時的にムダ毛のない状態を保つことのできる施術です。

「将来的なことを考えれば、レーザー脱毛の方が断然お得なのでは?」と思われるかもしれません。確かに大抵の場合はレーザー脱毛の方がお得でしょう。しかし状況によっては、フラッシュ脱毛でも十分である場合があります。

医療クリニックで施術されるレーザーには、特殊な光が使用されます。この光はメラニン色素のに対してのみ反応するという特色を有しています。ムダ毛にはこの色素が含まれていますので、この光の効果が見られるわけです。

この光がムダ毛に照射されると、毛根に熱が加えられます。そしてこの熱によってムダ毛を作り出す組織を破壊し、ムダ毛が生えてこないようにするのです。施術時にはチクっとしたゴムで弾かれたような小さな痛みを感じますが、我慢できないような痛みではありません。また一回の施術範囲はフラッシュ脱毛よりも狭いために、脱毛が完了するまでには少し時間がかかります。

それでも先に述べたようにレーザー脱毛は永久脱毛を可能としますので、施術が終了してからはムダ毛の処理をする必要はありません。次に脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛ですが、ここでも特殊な光が用いられます。実のところフラッシュ脱毛の施術で用いられる光は、レーザー脱毛で使用される光と同じものです。

しかじ意図的に威力が弱められているために、永久脱毛には至りません。なぜ威力を弱めているかというと、毛根を破壊して永久脱毛することは医療行為に相当するからです。そのため医師が勤務していない脱毛サロンでは永久脱毛が認められていないのです。そのため毛根を弱らせる程度の光を用いる、フラッシュ脱毛が行われるわけです。

もしかすると「フラッシュ脱毛は再びムダ毛が生えてくるのだから、施術しても意味がない」と考えるかもしれません。しかしフラッシュ脱毛施術後は、ムダ毛の生え方に大きな変化が生じます。先にも述べたように、フラッシュ脱毛は毛根を弱らせる施術です。

弱った毛根はムダ毛を支えられなくなり、脱毛に至るわけですが、死滅していないために時間が経てばムダ毛は再び生えて来ます。しかしそのような毛根が作り出すムダ毛は細くて弱々しいものです。つまりフラッシュ脱毛後に生えてくるムダ毛は、以前に比べるとかなり目立たなくなります。

もともとムダ毛の薄い人や、産毛などをフラッシュ脱毛する場合、施術後に生えてきたムダ毛がほとんど見えなくなることも生じ得ます。そのため薄いムダ毛や産毛などの場合、フラッシュ脱毛でもかなりの効果が見られるわけです。

ムダ毛の脱毛に使用される特殊な光は、生え出ているムダ毛に対してのみ効果を発揮します。ムダ毛には毛周期というサイクルがあります。そのため脱毛希望箇所に生え出るムダ毛をきれいに脱毛するためには、全てのムダ毛が生え出るまで待つ必要があるのです。

この点は医療クリニックで行われるレーザー脱毛も、脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛にも共通している点です。脱毛箇所にもよりますが、一般的には施術終了までに数ヶ月の通院が必要ですので、この点を忘れないようにすべきです。