ワキ脱毛の施術方法から痛みについて

ワキ脱毛

ワキに生えるムダ毛の処理は何かと厄介なものです。剃刀を使って剃るにしても家庭用脱毛器などを使用して抜き取るにしても、肌を傷めたり毛穴の炎症を招いたりしがちです。

特に女性の場合、夏場など半袖やノースリーブを着用するシーズンになると、この問題に必ず直面するという方もおられます。このような人はワキのムダ毛の脱毛を考えるかもしれません。

しかし医療クリニックや脱毛サロンで行われるワキ脱毛は、どのような施術によって行われるのでしょうか?
またワキ脱毛することによって生じるメリット、そしてデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?ではこれらの疑問にお答えしたいと思います。

医療クリニックと脱毛サロンのワキ脱毛施術方法

まずワキ脱毛の施術方法ですが、医療クリニックではレーザー脱毛、そして脱毛サロンではフラッシュ脱毛によって行われます。どちらもメラニン色素に対して働きかける脱毛用の光を用いてムダ毛を処理していきます。

レーザー脱毛の場合はムダ毛を作り出す組織を破壊しますので、一度施術してしまえばワキのムダ毛は生えてこなくなります。一方でフラッシュ脱毛はムダ毛を作り出す組織を弱らせる施術です。そのため施術後はワキのムダ毛がきれいになくなりますが、しばらくするとムダ毛が少しずつ生えてきます。

それでも弱った毛根から生え出るワキのムダ毛は細くなりますので、フラッシュ脱毛後のワキ処理は非常に楽になります。このように医療クリニックでのレーザー脱毛も、脱毛サロンでのフラッシュ脱毛もワキのムダ毛をなくす、もしくは薄くすることができるという大きなメリットを有しています。

ワキ脱毛のデメリットや痛みついて

このメリットはきれいなワキをキープできることにとどまらず、ワキの肌に大きな刺激を加えずに済むというメリットをもたらします。ではデメリットについてはどうでしょうか?まずレーザー脱毛もフラッシュ脱毛もムダ毛の毛根に熱を加えて脱毛する施術です。

ご存知の通り、大抵の場合はワキのムダ毛は体の他の箇所に生えるムダ毛に比べると太く、その分毛根も大きくなります。もちろん毛根が大きければ施術時にたくさんの熱がそこに加わります。そのため毛根組織周辺に加わる刺激が多少大きくなり、腕や脚に生えるムダ毛を脱毛するときよりも若干強めの痛みを感じることがあります。また毛穴付近には汗を出す汗腺が存在します。

そこから流れ出る汗はムダ毛によってブロックされ、汗による不快感を和らげてくれます。しかしワキのムダ毛がなくなれば、汗は何にも邪魔されずに流れていきます。そのためワキから出る汗の量が多くなったと感じることがあります。しかし実際には脱毛によって汗の量が増えることはありませんので、心配する必要はありません。

このように施術中の痛みが若干強くなることと、汗の流れが以前よりも感じられるようになるというデメリットが挙げられますが、これらは小さなことと言えるでしょう。施術中の痛みは我慢できないような痛みではありませんし、一時的なものです。また汗はハンカチなどを持参して拭き取るようにすれば、問題ありません。

ちなみに医療クリニックではレーザー脱毛の他にも、ニードル脱毛という施術でワキ脱毛を行なっています。これはワキの毛穴に特殊なニードルを差し込み、その後電気を流して毛根を破壊するという施術です。痛みを伴うものの細胞に対する破壊力はレーザー脱毛よりも高いことから、この施術を望む人もいます。

特にワキの場合はムダ毛の数が腕や脚に比べると少ないために、「ワキのムダ毛の本数くらいなら、痛みに耐えられる」と言ってニードル脱毛を選択する人もいます。
医療クリニックと脱毛サロンでのワキ脱毛の費用は、脱毛サロンの方が安いのが一般的です。この点も考慮し、ワキの脱毛機関を選ぶべきです。

おすすめ記事:悩みだった剛毛もミュゼならしっかり脱毛できた体験